So-net無料ブログ作成

渡辺善美氏の行動は、自民党内の抗争の延長だ [時事問題]

 渡辺善美氏の離党前後の一連の行動は、政権交代を阻止する意図があるのではないかと、植草さんが何回となく警告を発せられているところであります。

 東京新聞が伝えるところによりますと、14日午後、自民党を離党した渡辺喜美元行政改革担当相は、民放のテレビ番組に電話出演し、今後の政治活動に関して「民主党と組むことは全くない」と強調した。

 一方で「自民にも民主にも同じ志を持つ人はいる。政界再編が一番の理想だ」とも述べ、与野党を問わず、幅広い結集を探る意向を示したと伝えています。

 また、15日午後、渡辺喜美元行政改革担当相は、民放テレビ番組で自らの自民党離党について「私が投げた一石で、自民党は相当壊れた。効果は絶大だった」と自画自賛した。

 2011年度からの消費税率引き上げ方針に、自民党内で異論が続出していることに触れ「もし私の行動が鎮圧されていたら、こういう議論も鎮圧されていたかもしれない」との見方を示した。

 さらに「天下りを容認し公務員天国を温存したままで消費税を上げるなど、ふざけるなと言いたい」と述べ、行政改革の優先を訴えた。

 今後について「近々、運動を始める。地方主権や脱官僚のためのタウンミーティングを各地でやる。国会議員が何人集まるかはまったく問題ではない」と述べたとも伝えられた。

 16日には、、脱官僚主義や地域主権などを柱にした「国民運動」の主体となる新グループを江田憲司衆院議員(無所属)や有識者(屋山太郎)らと結成すると発表しました。
(以上東京新聞参照)

 これら渡辺善美氏の一連の行動で、彼が何をしようとしているのか本音が透けて見えているように思われます。

 まず初めに注目しなけれならない発言は、「民主党と組むことは全くない」と断言している点です。渡辺氏が、政権交代を目指しているわけではないことは明らかといえるのではないでしょうか。このことは、「自民にも民主にも同じ志を持つ人はいる。政界再編が一番の理想だ」と述べていることからも分かります。

 渡辺氏の目指しているところは、政界再編によって、自らの路線である小泉構造改革の継続を狙っているように思われます。麻生政権はなし崩し的に小泉改革からの転換を図っていますから、渡辺氏の行動は、自民党内部の路線対立という党内抗争の結果なのだと思います。小泉一派は、(麻生内閣から完全にパージされてしまったものですから)追い詰められて党の外からと連動して運動を起こそうとしているのです。

 以下の渡辺氏の発言は、自民党内の抗争である事を示しているのではないでしょうか?「私が投げた一石で、自民党は相当壊れた。効果は絶大だった」と自画自賛。2011年度からの消費税率引き上げ方針に、自民党内で異論が続出していることに触れ「もし私の行動が鎮圧されていたら、こういう議論も鎮圧されていたかもしれない」。「天下りを容認し公務員天国を温存したままで消費税を上げるなど、ふざけるなと言いたい」。

 小泉郵政選挙の時には、民営化に賛成する構造改革派と反対するものを抵抗勢力にして、両者の争いをマスコミが煽り立て、民主党など野党は蚊帳の外になってしまい、惨敗しました。この渡辺氏の行動も、自民党内の争いを煽りたて、民主党など野党を蚊帳の外にしてしまおうという意図があると見たほうがよいように思います。

 麻生首相の霞ヶ関官僚による支配という旧来の路線と、渡辺氏などの(植草さんのいわれる)「悪徳のペンタゴン(五角形)」の利権を擁護する従米、売国路線の対立というのが本質なのだと思います。渡辺氏の国民運動なるものは、小泉改革継続を実現するために国民を籠絡するものと言わねばりません。決して、国民のためになるものではないのです。

 新たな政策グループについても、「脱藩官僚の会」の江田憲司衆院議員や超保守の屋山太郎氏が加わっていることからわかるように、国民に軸足を置くよりも、現在の権力構造を維持していこうと言う偽装CHANGEの狙いがあると疑ったほうがよいのだと思います。

 大事なことは、自公政権を下野させて、小泉偽装構造改革の責任を明確にすることであります。それには、政権交代しか選択の余地はありません。渡辺義美氏らの偽装国民運動に惑わされることがあってはならないのだと思います。 

   植草一秀の『知られざる真実』 「「リフォーム詐欺」防止の国民運動を発足させよう」
nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 10

コメント 3

chappman

なるほどこういう読みもあるんですね。
小泉さんの継承ねぇ。
自分としては、どちらかといえば応援している口なんで微妙です。
ただ、政権交代をやらないと政官財のトライアングルは崩れないと思います。そういう意味で民主に期待しています。
あくまで自公の継続では変化が望めないという考えにおいてですが。
とにかく坂本竜馬のような頭の柔らかい改革的な人が出現することを願いたいです。
by chappman (2009-01-18 16:49) 

やまがたん

小泉内閣のボロが全て露呈しているのですよね
総選挙で民主が政権をとって政治がボロボロになるのか
自民がまた残って政治がボロボロになるのか
どちらになるのかはわかりませんが
今後の政治には注目が必要なのであります

ご訪問ありがとうございます 応援ポチッと☆
by やまがたん (2009-01-18 19:05) 

ofil425

chappman さん、やまがたんさんコメントありがとうございます。
自民、民主の権力闘争をやっているということですよね。
いずれにしましても、9月までには決着がつきます。
(大連立の)独裁政権が誕生なんてことにならないことを祈ります。

by ofil425 (2009-01-18 20:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。