So-net無料ブログ作成
検索選択

自民党総裁選挙 [時事問題]

 9月14日は、日曜日でありましたので、テレビでは、自民党の総裁選を相も変わらず取り上げていました。候補者が何を言おうと余り興味はないので、ほとんど見なかったのですが、小泉元首相が「自民党をぶっ壊す」と言ったのに倣ったのでしょうか、小池百合子氏が、「霞ヶ関をぶっ壊す」と言ったのには驚かされました。

 小泉郵政解散選挙の再現をねらって、小泉元首相のワンフレーズポリテックスをまねたのだと思いますが、大風呂敷を広げすぎです。自民党は、官僚組織の上に乗って政治をしているのであって、実際の政治の実権を握っているのは霞ヶ関高級官僚ではないでしょうか? それなのに、「霞ヶ関をぶっ壊す」というのは、自己矛盾であり、できる話ではないでしょう。

 小池氏は、そんなこと百も承知でしょうから、総選挙用に国民の目をくらますために言っているだけなのだと思います。そうだとしたら、完全に国民を愚弄した発言と言わざるを得ません。

 どうやら、自民党は、もう既に総選挙へ突入しているらしいです。自民党の総裁選は、衆議院選挙の前半戦という位置づけに、いつの間にかなっているというのです。テレビで華々しく宣伝して、全国遊説のキャラバン隊を組んで、自民党総裁選の投票券のない一般大衆に向って、衆議院選挙運動を展開しています。そうして、新首相の支持率をできるだけ高めておいて、その勢いで解散して後半戦の衆議院総選挙に突入するというシナリオを描いているようです。

 これでは、公共の電波を一政党が選挙運動に利用しているものといわざるを得ません。選挙法に抵触する可能性が考えられなくはないですし、メディアは、偏向報道をして、自民党の選挙運動を手助けしているといわれても仕方ないでしょう。国民に対する利敵行為とだと思います。

 アメリカの大統領選で、保守派のマケイン共和党大統領候補は、唐突にCHANGEと言い始めました。変革できるのは自分しか居ないというのです。政権を維持している保守派の共和党が、変革を言い出したら責任逃れであり、保守派ではなくなっていることに気づいているのでしょうか? 小池氏の「霞ヶ関をぶっ壊す」発言も、政権党の責任逃れであり、口先だけの偽装改革であることを見抜かなければならないと思います。小池氏のように、霞ヶ関をどのように壊すのか具体的方法論を言わず、「霞ヶ関をぶっ壊す」というワンフレーズポリテックスを叫ぶ時、それは悪魔のささやきのように聞こえます。我々は、彼女の美貌に惑わされないようにしなければなりません。

 小池氏はまた、「小泉改革が不十分だから実りがないのだ、小泉偽装改革をさらに進めなければならない」というような内容のことを主張をされています。彼女は、国民を奈落の底に突き落とす死神にでもなりたいのでしょうか?

 小池氏の本日の遊説での発言、「民主党には、水面に出て空気を吸いたいと思っている生き物がいるのに、水面の上には出てこない」と言われました。すごいお言葉です、美貌の後ろによろいが隠れているように思います。

 石原伸晃候補は、小泉偽装構造改革を9割評価するとテレビ番組で発言されています。2世議員には国民の痛みは実感できないようです。論外ということにさせていただきましょう。石破茂候補は、小泉偽装改革を7割評価すると言われます。石破氏は、本日の遊説で、「民主党の幹事長が『インド洋での補給は憲法違反なので引き揚げる』と。自分たちのために甘言を弄(ろう)する政党に任せた時、国民は不幸になる」 と仰せになりました。一般国民は、既に十分不幸になっていると思いますが、如何なものでしょうか?

 自民党は、自らの権力を維持するためならなんでもやります。 民意と乖離する政治をしても、恥を知るということがありません。今回の福田首相の辞任劇から総裁選挙への流れでも、汚れた意図を感じてしまいます。それも、自民党の政治家たちは、国民の利益よりも、自分たちと自民党の利益を優先する人たちなのだとフィルターをかければ、今起きている政治状況に整合性が浮かび上がってくるように思います。

自民党政治の優先順位の不当式
   自民党の利益、アメリカの利益 > 一般国民の利益 日本の国益

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 4

たばこ大好き

nice!だと思い、表明しようとしたのですが、方法がわかりませんでした。

絶叫ワンフレーズであっても、本当の気持ちがあれば伝わるのにと思っています。
内容的にも矛盾してますよね。


五輪ソフトボールチームに国民が感動したのは、結果的に金メダルとなったけれど、テレビ画面からでも伝わってくる「強い気持ち」に対してではないでしょうか?
「シンクロナイズドスイミング」にも感じました。


「思い」とか「執念」とか。
本当の気持ち。

「男子サッカー」や、「星野ジャパン」と比較した場合、あまりにも
顕著にそれが顕われている事に、僕は驚きました。
あれが、テレビ画面を通して見る「本気」の一つの基準なんじゃないでしょうか?

今の自民党の茶番総裁選に対しての報道なんですが、やればやるほど失望していく人も増えるのではないかと思って見ています。

本物なんかじゃないことを、国民は見抜いていますよ。
それが、ひとつの希望です。


by たばこ大好き (2008-09-16 09:30) 

dogwood

アメリカ人の友人が、ゴアとブッシュの戦いのときに「恥ずかしいことだが、共和党は勝つためにはどんなことでもする」と話してくれました。アメリカ式の戦い、というよりもアメリカ共和党式の戦い、と言うべきだと思います。アメリカが、日本が、とひとくくりにしては、何を守らねばならないか、何が大切なのか、そこに生きている人間たちがみえなくなってしまいますからね。
でも一連のご意見、ナイスです。
by dogwood (2008-09-16 11:46) 

ofil425

こづかい帳のたばこ大好きさんコメントありがとうございます。
niceは、現在のところso-netブログ同士でないと表示できないようです。お気持をだけでうれしいです。

ワンフレーズでも、確かに国民を思う心がこもっていればいいと思います。
先が見えない世の中にあって、少なくとも真心のある、心のこもった人に政治をやってもらいたいですね。
たばこ大好きさんが言われるように、国民を信じたいと思います。
by ofil425 (2008-09-16 22:11) 

ofil425

dogwood 三コメントありがとうございます。

確かにそうでした。アメリカでも気のいい人たちがほとんどなのかもしれませんしね。
「敵味方とか、物事を二元論的にとらえて、相手をどう攻略するか戦略を考えることは欧米人の方が蓄積があるから、それを取り入れた」といった言い方のほうがよかったようです。
by ofil425 (2008-09-16 22:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。